痩せる方法.com TOP → 痩せるための基礎知識 体重を1キロ減らすには

体重を1キロ減らすには

人間が活動するためのエネルギー源となる栄養素には、脂質・たんぱく質・炭水化物の3つがあり、これらのことを3大熱量素といいます。それぞれが持っている1グラムあたりの熱量は、脂質が9キロカロリー、たんぱく質が4キロカロリー、炭水化物が4キロカロリーです。同じ重さでも脂質の熱量は、たんぱく質や炭水化物に比べて倍以上となります。

これら3つの栄養素を含んでいる食品をエネルギーとして身体の中に取り入れて消費し、その後余ってしまった分が脂肪として体内に蓄積されていくと太るというしくみになっています。

1キログラムの脂肪を落とすためには、約7200キロカロリーエネルギー消費が必要だといわれています。つまり7200キロカロリー分の運動をするか、7200キロカロリー分の栄養摂取を抑えることで1キロ減量することができるということです。

栄養学では脂肪1グラムは9キロカロリーで計算されていますが、これは体の脂肪には約20%の水分が含まれていて実際のカロリーはその80%となり、脂肪1グラムを燃焼させるために必要なエネルギーは7.2キロカロリーとなるのです。

つまり、体重を1キロ減らすためには、7200キロカロリーのエネルギーを消費させる必要があるということです。1ヶ月を30日として計算してみると1日あたり約240キロカロリーとなり、現在の食事から毎日240キロカロリー分摂取量を減らすか、240キロカロリー分体を動かすことで1ヵ月後に1キロ体重を減らすことができるという計算になります。

痩せるための基礎知識